1. HOME
  2. 口臭対策口臭の原因を絶ってスムーズに口臭対策!口臭の種類別に原因を確認しよう

口臭の原因を絶ってスムーズに口臭対策!口臭の種類別に原因を確認しよう

口臭の原因

エチケット対策をするのならば口臭の原因についても確認しておく必要があるのではないでしょうか。口臭の原因を絶つことができれば、それだけスムーズに口臭対策をすることができますし、自分にどんなケア用品が合っているのかもわかるのではないでしょうか。

口臭別原因

口臭の原因を調べるためには、口臭の種類別に原因を確認しておくとよいでしょう。まず、病的口臭の原因についてですが、これは病が根本的な原因となっております。口腔内に何らかの症状が発生している可能性もあって、例えば歯周病も病的口臭を発生させる原因になっております。また、全身由来のものもあって、耳鼻咽喉、呼吸器疾患が原因で病的な口臭が発生することもあります。

次に生理的口臭ですが、これは多くの人が当たり前のように持っている口臭です。これは口腔内の細菌などが関係している場合が多く、舌苔などが原因となって発生することもあります。原因になっている成分について確認してみると、硫化水素、揮発性硫黄化合物、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどが関係しております。

続いて、食品由来の口臭ですが、こちらは臭いの強い食べ物などを摂取したのが原因になってきて、食べ物やアルコールが消化される前に血液中に溶け出して、肺を通して排出されるものになっております。基本的には一時的なものになっております。

舌苔について

こちらも口臭の原因になることがあるものになりますので、舌苔についても把握しておきたいものです。こちらは、舌を見た時に、舌の上に白いものが付着していることがあって、それの正体です。

舌苔がどのようにして発生してくるのかといいますと、舌の上にある細かい突起に付着したものもありますし、口から剥がれ落ちた粘膜細胞が付着することもあります。さらに、食べかすなどもここに溜まることがありますので、たんぱく質を多く含んでいるのが舌苔の特徴でもあります。

舌苔は、このように細菌にとってはエサの宝庫となっておりますので、ここで細菌が繁殖することも珍しくなく、場合によってはここで発生した細菌が肺炎の原因になったりすることもあるのです。

口臭の直接の原因になることもありますので、最近の人達はエチケットケアの一環として、こちらの舌苔のケアをするような人達も増えてきております。あなたもエチケットケアの一環として取り組んでみるのもよいのではないでしょうか。

口臭の強さ

このように口臭の原因がわかったかと思われますが、色々な状況によってその原因は発生することになります。そのため要因が重なることによって、口臭の原因となるものが多く発生したり、少なくなったりということもあるのです。このようなことから日々の生活によって口臭の度合いは変化していくとわかるのではないでしょうか。

自分の口臭が、どのような原因によって発生しているかがわかったら、今度はその原因を少なくしたり、なくしたりするために日々の生活改善に取り組むことも重要になってくるのではないでしょうか。

口臭の原因物質の中には、大量に存在すると害になったりするものもあるくらいで、硫化水素などはその代表的な例といえるでしょう。口臭で発生する程度のものならば、命を奪うようなものではありませんが、大量に吸引してしまうと命を脅かされてしまう致死性のガスなのです。

また、口臭で発生するレベルであっても、何らかの異常をきたす場合がありますので、その点についても把握しておく必要があるでしょう。このようなものが口臭の原因になっておりますので、これから口臭のケアをするような場合には、まず自分のコンプレックスのもとになっている原因から探ってみてはどうでしょう。

内臓が原因でも口臭が発生することがある

口臭の原因は、色々なものがあり、口腔内の異常は口臭に繋がりやすいです。虫歯や歯周病、さらに口の乾燥などによっても臭いが強くなってしまうことがありますが、これらの対策をしても、臭いが消えないということもあるでしょう。

口臭には、口腔内の異常以外にも原因があって、それは内臓からくる口臭となっております。こちらの口臭は、身体の深刻なトラブルに繋がってくることもある口臭になっているので、内臓が原因によって発生する口臭については十分に注意する必要があるのではないでしょうか。

内臓といっても、色々な臓器がありますが、例えば胃の不調によっても強い臭いを口から発することになってしまいます。歯周病や虫歯の臭いも、トラブルが大きくなってくると、かなりの臭いなのですが、こちらの胃の臭いもまた、それとは違った強力さを持っています。

胃は内臓の中でも特に臭いを発しやすい臓器だともいえて、強烈なドブのような臭いを発する特長があります。これは胃の不調に関係してくる問題なのですが、胃はとてもデリケートな臓器になっていて、食べ過ぎや飲み過ぎなどによっても調子を悪くしてしまいます。また、胃腸には生まれつきの丈夫さがあって、胃が弱いというような人は、すぐにこのような口臭を発してしまいやすい傾向があります。

腸が原因で発生する臭い

胃腸と表現されることもあるくらい、上で紹介した胃と密接に関係している内臓になっていますが、こちらの腸もバランスが崩れてくると、強い臭いを発してしまう可能性があります。

腸は正常な状態なら、特に強い臭いを発するということはないのですが、バランスが崩れてしまうと、腸内に腐敗したガスが溜まってしまいますので、これが原因で口臭を発生させてしまうことがあるのです。

腐敗したガスということで、いかにも臭いが強そうな感じがするのではないでしょうか。特に便通が悪いというような方は注意が必要で、便秘は腸の中に腐敗したガスを溜めてしまう原因でもありますので、十分に注意する必要があるのではないでしょうか。

このように、口臭の原因を探るのならば、胃腸も決して見逃せないポイントになりますので、どうしても原因がわからない口臭があるのならば、口腔内だけではなく、体内のもっと奥深くについて考えてみてはいかがでしょうか。これらは比較的軽度であっても臭いを発するので、早期発見してしっかりとケアしたいところです。

  • 臭わない男は愛される。メンズデオ7200の消臭成分は凄かった

    © 2018 ニオイ消臭対策ガイド All Rights Reserved.